サスペンション開発に対するこだわり

ブリッツ・DAMPER ZZ-Rシリーズでは、いち早い開発と共に「車種の特性」や「用途」に応じたサスペンション開発を心がけています。

例えば、日常的にストリートや高速道路での走行が多い車両に求められる「上質な乗り心地」と「ローダウン性能」の両立、サーキット走行までを視野に入れるスポーツ系の車両では「ドライバーの意図した走り」と「細やかなセッティング」が求められます。
ブリッツは今までのサスペンション開発で得たデータや、シチュエーション別に市街地・高速道路・サーキットでの実走行テストの他、「SDL」と呼ばれる最新のサスペンションシミュレーターを開発に導入しています。

「SDL(サービス・ダイアグノーシス・ラインの略)」とは、ボッシュ社の自動車整備機器の一つで、主にブレーキやサスペンションといった足回りの車両診断を行なう専門の装置です。

ブリッツでは、このサスペンションシミュレーターを利用し、人間の持つ感覚だけではなく、測定データに裏付けされた「乗り心地の良さ」や「性能の向上」を目指して日々開発を行なっています。

ボッシュ社 SDL (サービス・ダイアグノーシス・ライン)

SDLは加振台の上に車両(タイヤ)を乗せ、周波数(実走行における速度)を変えながら、タイヤとサスペンションを上下に振動させます。
この時、加振台の動きにタイヤが追従した回数(=路面粘着率)を測定し、数値化する事でデータを取得します。

通常のサスペンションテストは「サスペンション単体」で行なう事が多いですが、ブリッツでは車両にサスペンションを装着したまま実際に走行するのに近い状態をシミュレーションできるSDLを利用してサスペンション開発に反映しています。

また、サスペンションの交換後には最新の3Dアライメントテスターを利用し、適正値に調整を行なってから各種走行テストを実施します。アライメントテスターで得た情報は、商品の取扱説明書に参考情報として記載しています。

黄色いバーの手前のプレートが、サスペンションテストの加振台
サスペンションテスト 作動中
サスペンションテスト 作動中

上記のシミュレーションテスト結果を純正サスペンションのテスト結果と比較し、特性を検討します。
2つのテスト結果のグラフや波形が大きくかけ離れていると特性が大きく変わることになります。
その結果、車両に合わない乗り心地やフィーリングの悪いサスペンションとなってしまう可能性もあります。

しかし、ただ単に「純正と比較して、同じに近づけるのがベスト」というわけではありません。
サスペンションの仕様により特性は異なるため、純正のテスト結果を元に「しなやかな乗り心地」や「ハイスペックな運動性能」を目指して開発を行ないます。

また、ブリッツのDAMPER ZZ-Rシリーズには「減衰力調整機構」を備えているため、減衰力調整によって乗り心地や車両の挙動を変化させることのバランスも視野に入れて開発を行なっています。

調整ダイヤルで、32段の減衰力調整が可能(写真はフロント側)

車種によっては、同じ車種でも2.5L・3.5L・ハイブリッドというエンジンの違いや、2WD・4WDという駆動方式の違いがあります。
これらのエンジンや駆動方式の違いはサスペンションに大きく影響する部分でもあり、実際にSDLのシミュレーション結果では違いがよく現れます。
そのためブリッツでは同一車種であっても、様々なエンジン種類や駆動方式の異なる開発車両を使って、その車両にあったサスペンションを妥協せずに開発しています。

このように、ブリッツではサスペンションシミュレーターで得たデータを参照しながら、ショックアブソーバーやスプリングの仕様を検討し、それぞれの車両に合ったベストなセッティングを導き出すことで、乗り心地や性能を重視した開発を心がけています。

DAMPER ZZ-Rシリーズは、このように様々な視点から開発を行なっています。
テスト結果によっては開発を完了するまでに時間が掛かってしまう場合もありますが、最善の商品をできるだけ早くお客様へお届けできるよう心がけています。

今後もコンセプトに沿った商品開発をしておりますので、引き続きリリースにご期待ください。