RACING OIL COOLER KIT BR - レーシングオイルクーラーキットBR

  • コアには信頼性の高いブラックパウダーコーティングを採用し、ロングライフを実現。
  • コア段数 12 段 L230mm×H173mm×50mmのドロンカップタイプのコアを採用。
    従来品と同サイズにすることで、従来品からの付け替えも容易に行えます。
  • フィッティングは、コアとのバランスを考えたレッドアルマイト/ブラックアルマイトを採用。
  • ホースにはナイロンステンメッシュホースを採用し、従来品よりも多彩な取り回しが可能。
  • サーモスタット内蔵の自在アタッチメントにより、的確な油温管理と多彩な取り付けが可能。

RACING OIL COOLER KIT BR

コストパフォーマンスに優れながら、オフセットタイプのインナーフィンにより確実な冷却性能を発揮する「ドロンカップ式」コアを採用したモデル。
スタンダードなストリート走行がメインで、ローコストで油温管理したい方にオススメです。

汎用キット・コア単体・オプションパーツ・取扱説明書

商品名
(Product Name)
コアタイプ
(CoreType)
コアサイズ
(CoreSize)
H×W×D(mm)-段数
アタッチメント
(Attachment)
ホースサイズ
(HoseSize)
本体価格
(MSRP)
コードNo.
(Code No.)
Type-E(BR) 汎用キット Type-E 230×173×50 - 12 φ65 #10 ¥60,000 10432

製品特徴

※上記グラフはブリッツが独自に行なったテストデータです。テストは従来モデル「RACING OIL COOLER KIT RD」によるものです。

上記のグラフはトヨタ86(ZN6)のノーマル車両と「RACING OIL COOLER KIT」を装着した車両で同じコースで周回を重ねたテストデータです。

ノーマル車両では、走行開始後4分でエンジン油温が125℃以上に達しているほか、油温の上昇に伴って水温も上昇している事がわかります。

対して「RACING OIL COOLER KIT」装着車両では著しい温度上昇はなく、 走行開始後5分を経過しても110℃前後で安定している事がわかります。
油温の上昇が少ないため、水温も90℃前後で安定した高いパフォーマンスを発揮します。

高品質のフィッティング&サーモスタット内蔵オイルブロック

キットには高品質フィッティングを採用。
さらに専用のオイルブロックも、サーモスタット(作動温度70℃~85℃±3℃)を内蔵した高性能モデルです。

またオイルブロックにはメーター用のセンサーなどが取り付け可能な、1/8PTを5箇所(自在ユニオンを2個使用した場合)を用意。

※画像はオイルブロックとフィッティングの組み合わせ例です。