「交換用マフラーの事前認証制度」について

2010年4月1日以降に製造された車両では、マフラーを交換する場合、その製品が国土交通省の指定する「事前認証」を得ている必要があります。
ブリッツのNUR-SPECシリーズでは、今までと同様のクオリティとサウンドを保ちながら、新車型の規制に対応する認証を順次取得しておりますので、今後も安心してご利用いただけます。

※取り付ける車両の制作年月日によって適用が異なりますので、ご不明な場合はブリッツサポートセンターまでお問い合わせください。

「交換用マフラーの事前認証制度」とは?

2010年4月1日以降製造された車両を対象に、しっかりとした騒音防止性能を持ったマフラーを普及させることを目的として、その騒音防止性能等をあらかじめ確認する機関を国土交通大臣が登録し、その登録を受けた機関(登録性能等確認機関)が性能を確認したマフラーには「性能等確認済み表示」を表示する新しい制度です。

※ブリッツWebサイトでは、上記制度のことを「新制度」と表現しています。

※「性能等確認済み表示」は書類等ではなく、マフラー本体にプレートで溶接され表示されます。

※「JQR」マークは「登録性能等確認機関」の1つである、株式会社JQRで認証を受けたことを表現しています。

「交換用マフラーの事前認証制度」が適用される条件は?

2010(平成22)年4月1日以降に生産された車両

「交換用マフラーの事前認証制度」が適用されます。

● 交換するブリッツNUR-SPECマフラーの確認
交換用マフラーの事前認証制度(新制度)に対応する
■ NUR-SPEC C-Ti (一部車種除く)
■ NUR-SPEC OVAL Ti
■ NUR-SPEC VS
■ NUR-SPEC F-Ti (一部車種除く)
こちらのシリーズをご利用ください。
また、車種別適合表の「備考」欄に「新制度適合」の記載があるものを必ずご利用ください。

● マフラーを交換する車両情報の確認
交換する車両の車検証を必ずご確認いただき、左下の「備考」欄に「マフラー加速騒音規制適用車」の記載がある場合は適用となります。

車検証の左下の「備考」欄に下記の表示がある場合に適用

「マフラー加速騒音規制適用車」

2010(平成22)年3月31日までに生産された車両

従来の保安基準が適用されます。

ブリッツは「日本スポーツマフラー協会(JASMA)」の会員であり、NUR-SPEC全シリーズは保安基準よりも厳しい「JASMA基準」に対応しております。
正しく装着され、経年劣化などが無い場合は、問題なく車検対応となり、これからも安心してご利用いただけます。

※ただし「NUR-SPEC R」は競技車両専用モデルですのでご注意ください。