SUSPENSION LINE UP
SUSPENSION LINE UP

DAMPER ZZ-R【MC前後対応】

● 単筒式(モノチューブ)採用の、全長調整式ショックアブソーバー。
● 32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。
  サーキットからストリートまで、ステージを問わない走行シーンに対応します。
● アルミ製アッパーマウント、ロックシート、ブラケット(一部)などを採用。高い強度と軽量化を両立。
● 単筒式ならではの大径ピストンを採用し、減衰力の立ち遅れを抑制。しなやかな乗り心地と確かな追従性を実現。
● オーバーホールにも対応。いつまでもダンパー本来の性能を発揮。

■仕様:全長調整式、単筒式、正立式、減衰力32段調整式

※以下の表は、前期モデルのデータです。
後期モデルの詳細データは、商品検索システムや適合表をご覧ください。
   2.5L2WD  3.5L2WD 2.5L4WD   3.5L4WD  ハイブリッド
 型式  AGH30W  GGH30W  AGH35W  GGH35W  AYH30W
パネレート  F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
基準ダウン量  F -35mm
R -40mm
F -45mm
R -45mm
F -50mm
R -40mm
F -55mm
R -55mm
F -50mm
R -50mm
車高調整範囲  F -80~0mm
R -65~-20mm
F -80~0mm
R -65~-20mm
F -95~0mm
R -65~-20mm
F -95~0mm
R -65~-20mm
F -100~-15mm
R -70~-25mm
 本体価格  ¥157,000
 コードNo. 92342 92342 92347 92347 92347

DAMPER ZZ-R BB【MC前後対応】

● 単筒式(モノチューブ)構造、全長調整式、32段減衰力調整機構とスタンダードモデルのスペックを踏襲しながら、
  ローダウンスタイルの幅広さと更なる走行性能を追求したハイスペックモデル。
● アルミ製のピロボール調整式アッパーマウント、ロックシート、各種ブラケット(一部車種を除く)を採用。
  高い強度と軽量化を実現するほか、フロントはローダウン時のキャンバー調整も可能です。
● 車種の特性に合わせ、バネレート及び減衰力の仕様を専用品に変更。
  高速走行時においての操舵性や安定性をブラッシュアップしました。
● 車種別に車高調整範囲の見直しを行ない、走行性能とスタイルを両立。
  迫力のローフォルムながら最低地上高を確保できる基準車高から、クローズド向けの究極のローダウンまで様々なステージに対応します。
● オーバーホールにも対応。いつまでもダンパー本来の性能を発揮。

■仕様:全長調整式、単筒式、正立式、減衰力32段調整式

※以下の表は、前期モデルのデータです。
後期モデルの詳細データは、商品検索システムや適合表をご覧ください。
   2.5L2WD  3.5L2WD 2.5L4WD   3.5L4WD  ハイブリッド
 型式  AGH30W  GGH30W  AGH35W  GGH35W  AYH30W
パネレート F 9.0kgf/cm2
R 12.0kgf/cm2
F 9.0kgf/cm2
R 12.0kgf/cm2
F 9.0kgf/cm2
R 12.0kgf/cm2
F 9.0kgf/cm2
R 12.0kgf/cm2
F 9.0kgf/cm2
R 12.0kgf/cm2
基準ダウン量 F -55mm
R -70mm


F -80mm
R -90mm

車高調整範囲 F -110~-20mm
R -130~-65mm
F -110~-20mm
R -130~-65mm
F -120~-30mm
R -120~-55mm
F -120~-30mm
R -120~-55mm
F -120~-30mm
R -120~-55mm
 本体価格 ¥197,000
 コードNo. 92200 92200 92201 92201 92201

DAMPER ZZ-R SpecDSC PLUS【MC前後対応】

全長調整式サスペンションと電子制御式の減衰力調整を組み合わせた車高調キット。
業界初の「フルオート」モード搭載。
乗車人数や走行状態から、適切な減衰力で姿勢を安定させる全自動コントロール機能。
コントラスト性能に定評のある2.5インチVA液晶ディスプレイを採⽤。
⼤型化により、4輪の減衰⼒を常時表⽰可能。
ロータリーエンコーダの採用で、より直感的な操作が可能に。さらにUP・DOWNボタンも⼤型化。
Gセンサーを標準搭載。マップ制御モードでは、旋回G・加減速G・車速から細かな減衰力調整が可能。
Gのリアルタイム表示のほか、ピーク表示も可能なため、セッティングにも便利です。
合計22種類のモードを用意。シンプルで簡単なSTANDARDと、複雑で細かな制御のADVANCEDを切替可能。
⾼性能バイポーラ(2相反転)制御モーター採⽤で、従来比17%の⼩型化と5%のスピードアップを実現。
環境光センサーを搭載し、周りの明るさに合わせて⾃動で液晶の明るさを調整するオートディマー機能搭載。
別売のGPSセンサーキットで、より簡単に車速連動制御が可能。
GPSより⾞速、時刻、緯度、経度、海抜⾼度を表⽰。
すでにDAMPER ZZ-Rをご利用の方向けに、コントローラー・モーター部のみの「車種別キット」を設定。
※以下の表は、前期モデルのデータです。
後期モデルの詳細データは、商品検索システムや適合表をご覧ください。
   2.5L2WD  3.5L2WD 2.5L4WD   3.5L4WD  ハイブリッド
 型式  AGH30W  GGH30W  AGH35W  GGH35W  AYH30W
パネレート F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
F 6.0kgf/cm2
R 9.5kgf/cm2
基準ダウン量 F -35mm
R -40mm
F -45mm
R -45mm
F -50mm
R -40mm
F -55mm
R -55mm
F -50mm
R -50mm
車高調整範囲 F -80~0mm
R -65~-20mm
F -80~0mm
R -65~-20mm
F -95~0mm
R -65~-20mm
F -95~0mm
R -65~-20mm
F -100~-15mm
R -70~-25mm
 本体価格 ¥225,600
 コードNo. 98342 98342 98347 98347 98347

MIRACLE STROKE ADJUSTER【MC前後対応】

■ DAMPER ZZ-Rで車高を下げた車両のリアロアアームに取り付けることで、ロアアームの位置を適正化しサスペンションをより良い状態で使用できます。
■ スプリングとショックが独立している構造のサスペンションで車高を下げる場合、リアのスプリングを短くして車高を下げるため、
  スプリングのストローク量が減少し、ノーマルよりも線間密着やバンプラバーへの接触が多くなり乗り心地の悪化につながります。
■ ミラクルストロークアジャスターを装着することで、ロアアームの位置を適正化(下げる)ことでスプリングのストローク量を確保でき、
  車高が低い状態でも乗り心地を確保することができます。
■ キットには専用スプリングを同梱。アジャスターの装着で変化した量に合わせ、スプリングの長さも適正化。
  遊びを抑え、取り戻したストロークの分、スプリングをしっかりと使うことができます。
■ 各種取り付け位置関係が変化することに伴い、ブレーキラインを適正位置に移動させるためのステーも同梱する車種別専用設計です。
■ 偏心カム機構を備えており、リアのキャンバー角も微調整が可能。正しいアライメント調整を行うことで、偏摩耗の抑制や走行性能の向上を実現することができます。

価格:¥48,000(税抜)

対応:30系アルファード・ヴェルファイア MC前後 全車
・AGH30W,GGH30W用 コードNo.92102
・AGH35W,GGH35W,AYH30W用 コードNo.92103

MIRACLE CAMBER ADJUSTER【MC前後対応】

■ サスペンションのキャンバー角を自由に且つ簡単に変更できる、DAMPER ZZ-Rシリーズ専用のオプションブラケット。
■ 偏心カムを採用した車種別専用ブラケットの穴形状とそれに合わせた専用ボルトを動かすことで、簡単かつワイドレンジ・無段階でキャンバー角の調整が可能。
■ 自在にキャンバー角が調整できることで、アライメントの幅が広がりローダウン時のタイヤの接地状況の適正化、走行性能の向上、偏摩耗の抑制、幅広ホイール装着時の調整も簡単。
■ ブレーキホースやABSラインを固定するステーも標準装備。一部車種ではスタビリンクの取付位置も適正化されているのでボルトオン装着が可能。

■ 無段階偏心カム機構のついた専用アジャスターをアルファード・ヴェルファイア用のDAMPER ZZ-Rへ装着することで、0度~-5度という超ワイドレンジでキャンバー調整が可能になります。
■ DAMPER ZZ-Rのアルファード・ヴェルファイア用はアッパー部に強化ゴムを使用しているため、通常はキャンバーの調整ができません。しかし、ミラクルキャンバーアジャスターを装着することで、簡単にキャンバー調整が可能になります。
■ 強化ゴムアッパーマウントを引き続き使用することで、静粛性を保ちつつ、適正なアライメント調整を行うことができます。適正なアライメントは、タイヤの偏摩耗を防ぎタイヤ本来の性能を発揮し走行性能を向上させるというメリットがあります。さらに、幅の太いタイヤ・ホイールを装着する際にも非常に便利です。

価格:¥40,000(税抜)

対応:30系アルファード・ヴェルファイア MC前後 全車(ハイブリッド含)
コードNo.92004

STRUT TOWER BAR【MC前後対応】

● 幅50mm、厚さ15mmの中空構造アルミシャフトを採用することで、軽量かつ高剛性を実現したストラットタワーバー。
● コーナリング時やブレーキング時のボディの歪みを抑制し、サスペンション性能をフルに発揮させることで、車両の運動性能を向上させます。
● シャフト部分は、ブラスト後にブラック特殊コーティングを施すことで通常のブラックよりも傷に強く、質感の高い風合いを実現。
  50mmの幅広シャフトがエンジンルームで存在感を放ちます。
● シャフトセンター部には、BLITZのロゴをレーザー刻印することで、耐久性と質感の高さを演出します。
● ブラケット部分は、BLITZのノウハウを注ぎ込んだ車種別専用設計を採用し高強度を実現しました。
  さらにレッドメタリック塗装により、強度だけではなくエンジンルームのドレスアップにも貢献します。
● DAMPER ZZ-R SpecDSCにも対応し、モーターとの干渉を防ぎ、同時装着が可能です。

■対応
30系 アルファード・ヴェルファイア

■コードNo.
ガソリン車 フロント用:96105
ハイブリッド車 フロント用:96166

■価格
¥13,500(税抜)

サスペンション開発に対するこだわり


ブリッツ DAMPER ZZ-Rシリーズでは、いち早い開発とともに車種の特製や用途に応じたサスペンション開発を心がけています。

アルファード/ヴェルファイアに求められる「上質な乗り心地」と「ローダウン性能」の両立を実現するため、 ブリッツでは今までのサスペンション開発で得たデータや、 シチュエーション別の市街地・高速道路での実走行テストの他、 「SDL」という機器を利用して、サスペンションの開発を行なっています。

「SDL(サービス・ダイアグノーシス・ラインの略)」とは、ボッシュ社の自動車整備機器の一つで、 主にブレーキやサスペンションといった足回りの車両診断を行なう専門の装置です。

ブリッツでは、このSDLのサスペンションテスターを利用し、人間の持つ感覚だけではなく 測定データに裏付けされた、乗り心地の良さや性能の向上を目指して開発を行なっています。

サスペンション開発に対するこだわり


ブリッツ DAMPER ZZ-Rシリーズでは、いち早い開発とともに車種の特製や用途に応じたサスペンション開発を心がけています。

アルファード/ヴェルファイアに求められる「上質な乗り心地」と「ローダウン性能」の両立を実現するため、 ブリッツでは今までのサスペンション開発で得たデータや、 シチュエーション別の市街地・高速道路での実走行テストの他、 「SDL」という機器を利用して、サスペンションの開発を行なっています。

「SDL(サービス・ダイアグノーシス・ラインの略)」とは、ボッシュ社の自動車整備機器の一つで、 主にブレーキやサスペンションといった足回りの車両診断を行なう専門の装置です。

ブリッツでは、このSDLのサスペンションテスターを利用し、人間の持つ感覚だけではなく 測定データに裏付けされた、乗り心地の良さや性能の向上を目指して開発を行なっています。

ボッシュ社SDL(サービス・ダイアグノーシス・ライン)

SDLは加振台の上に車両(タイヤ)をのせ、周波数(速度)を変えながらタイヤとサスペンションを上下に振動させます。
この時、加振台の動きにタイヤが追従した回数(路面粘着率)を測定することができます。

通常のサスペンションテストはサスペンション単体で行なう事もありますが、 ブリッツでは車両に装着したまま、実際に走行するのに近い状態を再現できるSDLを利用しています。

黄色いバーの手前のプレートが、サスペンションテストの加振台

このテスト結果を純正サスペンションと比較した際に、結果のグラフや波形が大きくかけ離れていると 特性が大きく変わり、車両に合わない乗り心地やフィーリングの悪いサスペンションとなってしまう可能性もあります。

しかし、ただ単に「純正と比較して、同じに近づけるのがベスト」というわけではありません。
サスペンションの仕様により特性は異なるため、純正のテストデータを元に、 特にミニバンやワゴンでは「しなやかな乗り心地」を目指して開発を行ないます。

また、ブリッツのDAMPER ZZ-Rシリーズには「32段減衰力調整機構」を備えているため、 減衰力調整によって乗り心地を変化させるバランスも視野に入れて開発を行なっています。

サスペンションテスト 作動中
前輪・後輪共に、1輪ずつテストを行います。
テスト中は加振台が振動し、タイヤとサスペンションを動かします
調整ダイヤルで32段階の減衰力調整が可能(写真はフロント側)

このテスト結果を純正サスペンションと比較した際に、結果のグラフや波形が大きくかけ離れていると 特性が大きく変わり、車両に合わない乗り心地やフィーリングの悪いサスペンションとなってしまう可能性もあります。

しかし、ただ単に「純正と比較して、同じに近づけるのがベスト」というわけではありません。
サスペンションの仕様により特性は異なるため、純正のテストデータを元に、 特にミニバンやワゴンでは「しなやかな乗り心地」を目指して開発を行ないます。

また、ブリッツのDAMPER ZZ-Rシリーズには「32段減衰力調整機構」を備えているため、 減衰力調整によって乗り心地を変化させるバランスも視野に入れて開発を行なっています。

30系アルファード・ヴェルファイアの「路面粘着率について」
テストの結果を参照しながら、サスペンション開発を行っています。
30系 アルファード/ヴェルファイア 基準車高状態での乗り心地・減衰力セットの傾向について
ブリッツでは、30系 アルファード/ヴェルファイアのDAMPER ZZ-Rを開発するにあたり、 各種走行テストやSDLを利用したテストより傾向をまとめ、下記の参考データを公開しております。 状況に応じた乗り心地や減衰力のセッティングの参考にしていただければ幸いです。
  基準車高時 乗り心地・減衰力セット傾向
運転席・助手席 (1列目) セカンドシート (2列目) サードシート (3列目)
全体的な傾向 弊社の推奨する減衰力に合わせていただく
ことで、いやな突き上げ感もなく純正
よりもしっかりとした接地感が得られます。
同時に車高を下げることでロール重心が
下がり、ロール感を抑えることができる
ので、走行安定性が向上し運転がしやすく
なります。
また、インチアップしている車両では
純正に比べてタイヤ自体で吸収する衝撃が
減り、乗り心地が悪化する方向となります。
その際は、フロントの減衰力を基準から
2~5段の範囲で柔らかい方へ調整していた
だくと乗り心地のバランスが取れます。
セカンドシートは、リアショックの真上、
リアスプリングのやや前方にあるため、
純正は路面の細かい段差を拾いコツコツ
とした乗り心地です。
そこで、弊社の推奨する減衰力では、
細かい段差でのコツコツとした乗り心地を
抑えるようにしています。
また、タイヤ・ホイールをインチアップ
すると、フロント同様に純正に比べて
タイヤ自体で吸収する衝撃が減り、
乗り心地が悪化する方向となります。
その際は、フロントの減衰力を基準から
1~3段の範囲で柔らかい方へ調整していた
だくと乗り心地のバランスが取れます。
サードシートは、車両のほぼ最後端となり
ます。リアタイヤ、リアスプリングよりも
後方に座ることになります。
したがって、オーバーハングに重量物を
搭載した状況と同じになるので、しっかりと
バネの振動を抑えてあげなくなくては
いけません。
そこで、弊社の推奨する減衰力は、32段の
調整範囲の中間よりもやや強めに設定し、
リアの入力に対してしっかりとした減衰力を
出すことで、おさまりの良い乗り心地を
実現しています。
比較的セカンドシートよりもコツコツとした
細かい段差での振動を感じにくいので
しっかりとした減衰設定がお勧めです。
車両 推奨減衰力 車種別特記事項
Front Rear
2.5L
2WD
AGH30W
16段 12段 走行中の段差や高速道路の継ぎ目などで
固いもしくは柔らかいと感じた時には、
お好みに合わせてフロントの減衰力を
2~3段の範囲で調整していただくことを
お勧めします。
リアの減衰力を柔らかくしすぎると、
高速道路やバイパスなど車速の高い走行が
多い場合にピッチング(縦揺れ)が起こり
やすくなります。リアの減衰力を柔らかく
しすぎないようにしてください。
弊社の推奨値は、全体のバランスを考えて
設定しておりますので、推奨値から大幅に
変更せずお使いいただくことをお勧めして
います。
弊社の推奨値は、全体のバランスを考えて
設定しておりますので、推奨値から大幅に
変更せずお使いいただくことをお勧めして
います。
3.5L
2WD
GGH30W
12段 12段 エンジンが2.5Lに比べて約60kg重たい
ので、2.5Lに比べて弊社の推奨する
減衰力は少し硬い設定となります。
こうすることで、フロントのフワつきを
抑えしっかりとした接地感と乗り心地を
確保することが出来ます。
2.5L
4WD
AGH35W
16段 12段 駆動方式は違いますが、2.5L 2WDと
同じ減衰力設定でいやな突き上げも無く、
しっかりとした接地感と乗り心地が
確保できます。
4WDは、後軸にかかる重量が2WDより
も大きい為、自由長の長いスプリングを
採用しています。
スプリングのレートは2WDと同様ですが、
自由長と巻き数が違うため、後軸にかかる
重量が増しながらも、適正な車高調整範囲
と乗り心地を確保することに成功して
います。
リアの減衰力を柔らかくしすぎると、高速
道路やバイパスなど車速の高い走行が多い
場合にピッチング(縦揺れ)が起こりやすく
なりますので、リアの減衰力を柔らかく
しすぎないようにしてください。
弊社の推奨値は、全体のバランスを考えて
設定しておりますので、推奨値から大幅に
変更せずお使いいただくことをお勧めして
います。

2WDに比べ4WD、ハイブリッドでは、
リアにかかる重量が増します。
リアシートにフル乗車した場合も想定し
バネレート、自由長、巻き数、減衰力、
基準車高を設定しています。
減衰力は、32段の調整範囲の中間16~12段
に設定し、リアの入力に対してしっかりと
した減衰力を出すことで、おさまりの良い
乗り心地を実現しています。
弊社の推奨値は、全体のバランスを考えて
設定しておりますので、推奨値から大幅に
変更せずお使いいただくことをお勧めして
います。

3.5L
4WD
GGH35W
16段 16段 3.5Lエンジンは、2.5Lエンジンよりも
60kg重い為2WDではフロントの弊社
推奨減衰力をやや硬めに設定しバランスを
取りましたが、3.5Lの4WDはフロントと
リアの車重バランスが影響して、
フロントとの減衰力を真中の16段にする
ことで、突き上げ感の少ない、しっかり
とした乗り心地を実現しています。
前後の重量バランスと減衰力のバランスが、
おさまりの良さを実現しています。
HV
4WD
AYH30W
18段 12段 グレードにもよりますが、一番車重が重い
グレードとなります。
通常では、車重が重いのでフロントの減衰を
固くしがちですが、駆動方式やバッテリーの
搭載位置により車重の前後バランスが
他のグレードと大きく異なります。
したがって、今までのミニバンにおける
セオリーやノウハウにとらわれず、SDL
という乗り心地を数値化する機材と
実走行を繰り返し、突き上げ感が少なく、
しっかりとした接地感のある減衰力を探り、
この推奨減衰力設定となっています。