MIRACLE STROKE ADJUSTER

コードNo.92102 キット
30系アルファード・ヴェルファイア 2WD車用
コードNo.92102 構成パーツ
キャンバー調整機構付アジャスター(専用ボルト・ナット)/ブレーキライン移設ステー
※専用設計リアスプリングも付属します
コードNo.92102 アジャスター底面部
BLITZロゴが刻印

ストローク量確保の仕組み・メリット

本製品の車検適合性について

  
本製品は基本的には構造変更の必要はありません。
しかし、検査官によっては、アームの改造と判断を行い改造申請、構造変更が必要と判断する場合もあるようです。
最終的には、現場の検査官の判断にゆだねられることになります。
管轄の運輸支局および自動車検査登録事務所にご確認いただけますようお願いいたします。

また、BLITZではこの商品の強度試験を行い、安全性を確認しその書類を準備しています。
仮に構造変更等の手続きが必要になった際には、構造変更対応書類は提出させていただきますのでお問い合わせください。
構造変更対応書類の提出にはカスタマー登録が必要になります。

アルファード・ヴェルファイア用の特徴

  • DAMPER ZZ-Rで車高を下げた車両のリアロアアームに取り付けることで、ロアアームの位置を適正化しサスペンションをより良い状態で使用できます。
  • スプリングとショックが独立している構造のサスペンションで車高を下げる場合、リアのスプリングを短くして車高を下げるため、スプリングのストローク量が減少し、ノーマルよりも線間密着やバンプラバーへの接触が多くなり乗り心地の悪化につながります。
    ミラクルストロークアジャスターを装着することで、ロアアームの位置を適正化(下げる)ことでスプリングのストローク量を確保でき、車高が低い状態でも乗り心地を確保することができます。
  • キットには専用スプリングを同梱。アジャスターの装着で変化した量に合わせ、スプリングの長さも適正化。遊びを抑え、取り戻したストロークの分、スプリングをしっかりと使うことができます。
  • 各種取り付け位置関係が変化することに伴い、ブレーキラインを適正位置に移動させるためのステーも同梱する車種別専用設計です。
  • 偏心カム機構を備えており、リアのキャンバー角も微調整が可能。正しいアライメント調整を行うことで、偏摩耗の抑制や走行性能の向上を実現することができます。
※この商品はDAMPER ZZ-Rシリーズのダウン量に合わせて、商品の寸法が適正化されています。DAMPER ZZ-Rシリーズ以外の商品との同時装着はおやめください。
※この商品を使用しキャンバーをつけていくと、トーを適正値に調整する必要があります。純正のトー調整を超える範囲での使用では別途トー調整用のアームが必要になる場合があります。
※キャンバー角は車高や車両個体差により若干異なります。

ホイールクリアランスデータ

  
本製品の装着によりロアアームの位置が変化するため、ホイールによっては内部とアームが干渉する可能性があります。
お買い上げの前に、事前に下記のデータを参照の上、ホイールが装着可能かどうかをご確認ください。